誰かが見てくれる安心感

ウーマン

医師や看護師でも、子育てをしながら働くという人も数多くいます。ワークバランスを良くするための制度を構築すれば良いと思っている人もいます。しかし、常に患者の容態をチェックして適切な治療を施す必要がある医師や看護師は、子供のために休暇を取るのは難しくなることがあるでしょう。休みの間に担当患者の容態が急変してしまった時点で、医療現場は慌ただしくなってしまうのは間違いありません。そのような現場状況のことを想定すると、ワークバランスを取るのが難しいように聞こえてしまいます。ですが、子供の様子をチェックしながら仕事ができる方法が存在します。それは、病院内保育です。病院内保育とは文字通りの物で、院内に託児スペースを設けて医師や看護師の子供を業務中だけ預かってもらうというシステムです。病院内保育を利用すれば、どんな現場状況でも、自身の子供の様子がチェックできるので、安心して仕事に集中できるようになります。

病院内保育の制度を設ければ、深夜帯でも気軽に子供を預けられます。24時間勤務が基本となってくる病院では、深夜勤の医師や看護師も存在します。自宅で寝かしつけてきたと言っても、不在中に何らかのトラブルに巻き込まれるのではないか不安になってしまいます。24時間運営している病院内保育は、常にスタッフが常駐しています。専門のプロが様子を見ていてくれるので、何かしらのトラブルに巻き込まれる心配が薄くなってくるでしょう。人の命を守る現場で、大切な自身の子供を守りながら仕事ができれば、医師や看護師も高パフォーマンスを発揮してくれるでしょう。